自己破産で300万円以上の借金が免責になった事例

概要

勤務先の倒産で収入が減り返済できなくなった300万円以上の借金を自己破産で解決した事例

相談者

Dさん、20代女性、アルバイト

相談前

Dさんは、洋服や身の回り品などの支払いにカードを利用し、生活費の補填にキャッシングを始めました。そのうち返済のために消費者金融からも借り入れをするようになり借入額は膨らみましたが、勤務先が倒産してDさんの収入が減り、再就職も厳しい状況の下で、家賃滞納も始まり、動きが全く取れなくなったところで、当事務所に債務整理のご依頼。

相談後

債務調査したところ、カード会社からのキャッシングや消費者金融からの借入等が10件以上あり借金の合計が300万円以上ありましたので、収入に照らして任意整理は厳しく、同時廃止の破産申立をしました。無事に免責決定を得て、別天地で新生活をスタートすることができました。弁護士費用は、時間をかけて少しずお支払い頂きました。