借金額を2000万円→300万円にできた個人再生の事例

概要

2000万円以上の借金があったが、自己破産を回避しつつ個人再生を用いて債務額を300万円にでき、その後分割払いで完済できた事例

相談者

Bさん、40代男性、会社員

相談前

Bさんは不動産会社に勤務する会社員でしたが、積極的に不動産投資や株式投資をして利益を相当上げた時期もありました。しかし、世間の不況の影響から、勤務先の業績不振によりBさんの収入も落ち込んだところで、不動産投資や株式投資も失敗して、金融機関やノンバンク、サラ金、カード会社からの借り入れが10件以上で、債務額も2000万円以上になりました。そこで、破産回避のために当事務所を訪れました。

相談後

収入が低下したうえ、再計算後の債務額も2000万円以上あったため、任意整理は困難な見通しでしたが、破産は回避したいとの強いご希望がありましたので、個人再生を申立。計画弁済額は総額300万円となり、これを36回払いで無事に完済できました。計画弁済額の支払完了により、その余の1700万円以上の債務額は免除となりました。