保証人になって借金を余儀なくされたが個人再生で1億円のマンションを確保して破産の危機を乗り越えた事例

概要

友人の保証人になった結果背負った1300万円以上の借金を、個人再生を用いて無事計画弁済した事例

相談者

Cさん、30代男性、会社員

相談前

Cさんは、銀行から1億円近く借り入れてマンションを建築・保有し、その返済は家賃収入から順調に続けていました。ところが、友人に頼まれて銀行借入の保証人になってしまったところ、その後、友人が支払をしていないことが発覚。保証人として一度に1000万円以上の返済をしなくてはならなくなりました。そのため、貸金業者3社から合計1300万円以上の借入をしたのですが、家賃収入では全てを支払いきれなくなりました。そこで、自身のマンションのローン支払いができなくなることをおそれて、当事務所に債務整理のご相談。

相談後

Cさんは、マンションの確保が目的でしたから、住宅ローン条項付きの小規模再生手続による個人再生を申し立てました。当初3年間の計画弁済額は250万円ほどに圧縮できましたが、計画弁済中に、マンションの賃部屋に空室が目立つようになり、家賃収入が当初の想定額より低下したため、途中で裁判所に計画変更の申立をしました。なんとか2年間の延長許可を得て、無事に計画弁済額を支払い終えることができました。