体調が悪く転職を重ねて次第に増えた借金を、個人再生で解決した事例

概要

体調を崩しがちで転職を繰り返したサラリーマンの方が、10社以上からの借金が800万円以上に膨らんだところで、個人再生を申立てました。結果、無事に160万円程度の計画弁済を完済し、残り640万円ほどの残債務を免除してもらうことで解決できた事例。

相談者

Bさん、40代男性、給与所得者。

相談前

Bさんは、一般企業に勤めているサラリーマンです。Bさんには、ある持病があり、体力が続かずに体調を崩しがちで転職を繰り返しました。再就職まで1ヶ月から数ヶ月間、収入のない時期が2年から3年に一度程度あったので、生活費のための借入が次第に増えてしまいました。

Bさんは仕事が見つかると、年収が600万円ほどはありましたので、ある程度の借金はできたのですが、それでも次第に返済のための借入が増えてしまい、10社以上からの借金が800万円以上に膨らんで毎月の支払が20万円以上になったところで、債務整理のために当事務所を訪れました。

相談後

Bさんは年収がある程度見込める方でしたので、何とか体調を維持して、収入を安定させるという決意を持っていただき、個人再生で債務整理することにしました。

Bさんの計画弁済額は債務額が基準の最低弁済額160万円程度でしたので、これを36回払い、毎月約4万5000円ずつ支払うことで、裁判所に再生計画案を認可してもらうことができました。

Bさんは予定どおり、3年間で計画弁済を全うすることができて、残債640万円ほどについて債務免除を得ることができました。

弁護士からのコメント

個人再生の大きなメリットは、債務額を大幅に減額できるところにあります。

Bさんのように債務額が800万円を超えると任意整理では原則として3年間で36回払いとなるので、将来利息がカットされたとしても毎月22万円以上の支払原資が必要となります。この金額を3年間、毎月用立てることは通常相当困難だと思われます。

これに対して、個人再生を利用すると、Bさんのように債務額が800万円(説明の便宜上この金額にします)の場合には債務額を基準にした最低弁済額が160万円となりますので、これを超える資産(清算価値)がないときは、計画弁済額は160万円で済みます。これを原則3年間(合計36回の分割)で支払えばよいので、毎月の支払額は約4万5000円に抑えることができます。

計画弁済を完遂できたら、残りの640万円の債務は免除されますので、申立費用(弁護士費用等)をある程度負担しても、個人再生申立のメリットは大きいと言えるのではないでしょうか。

一般的には、定期的収入のある方で200万円以上の債務がある場合には、個人再生の利用についてご検討をお勧めします。